ビリっと来る静電気を簡単に除去する方法は?

シェアする

SNSフォローボタン

フォローする

冬になるとドアノブ触るとあの「ビリ!!」

そう静電気 いや~~びっくりするし

触るのもビリっと来るからいやですよね~

この静電気あることで予防できるので

試してみるのもいいかもしれませんよ

さて、静電気のビリっと来るのを防ぐ方法は?
Sponsored link


静電気はなぜなるの?

静電気とは元々体にはプラスとマイナス電気を

持っているがマイナスの電気は移動しやすいんですね

そこでマイナスの電気が足りなくなるとマイナスを

求めて電気が移動することでバッチっと電気が走る

んですね。

体に貯められた電気の事を「帯電」といいこれを

「静電気」といいます。

静電気がおこるには環境も関係する

冬場に乾燥しやすいことにより

静電気が起こりやすくなる。

気温も25℃以下と湿度も20%以下だと

静電気の発生が多くなります。

特に冬場は重ね着により衣服での摩擦など

によって静電気が体に帯電しやすくなります。

夏場に静電気でバッチっとなることは

少ないですよね~~

衣服でも静電気が起こりやすいのと

起こりにくいのもあるようですね。

静電気の衣類で起こりやすいのがあるの?

衣類にもプラスの性質に帯電しやすい素材や

マイナスの性質に帯電しやすい素材がある

プラスに帯電しやすい素材
〇 ナイロン 
〇 ウール 
〇 レーヨン
〇 シルク

マイナスに帯電しやすい素材
〇 アクリル
〇 ポリエステル 
〇 アセテート 
〇 塩化ビニール
〇 ポリウレタン

素材同士がこすれて摩擦によって

静電気が発生するがプラスとマイナス

素材だと静電気が発生しやすい為

同じ性質の素材だと静電気が発生しにくい

ので重ね着するときはこれを参考に

来ていくとビリっとなりにくいですね。

静電気を防止する方法は?

静電気は特にドアノブや鉄の所を

触った時に「ビリッ!!」っときますよね

そこでビリっと来るかなと思ったらまず

静電気をゆっくり流せるものに触って放電しましょう 

〇 ドアノブに触る前に壁や木の部分を触って
放電しましょう。

〇 カギなどを使ってドアノブにカギで触って
放電させてから開ける

〇 ポケットにコインなどを入れておいて常に
触って放電させとくのもいいですね

〇 保湿クリームを塗る
乾燥を予防しましょう

Sponsored link



静電気体質もある?

静電気体質もあるようで体内の血液が

酸性化してると静電気体質になることも

あるようです、日ごろの食生活も気を

つけるようにした方がいいですね。

衣類がまとわりつく静電気を防ぐには?

スカートなど静電気で拭くがまとわりつく

時には静電気防止スプレーがあればいいですが

もしないときには「保湿クリーム」が有効です

手に塗る保湿クリームを少しだけストッキングに

塗ることによりスカートの静電気が防止されます。

どうしても素材がプラスとマイナスのを着る場合は

スプレーに水と柔軟剤を2~3滴入れたものをこすれる

部分に先にスプレーしとくと静電気が予防できます。

静電気防止スプレーは界面活性剤が使われているので

柔軟剤やリンスには界面活性剤が使われているので

同様の予防に使えますよね。

もちろん静電気防止スプレーや静電気防止ブレスレッド

もこの時期はつけておきたいですね

【楽天スーパーセール】ブレスレット おしゃれ 効果 悩み 解決 レッド 静電気 防止 フリーサイズ レッド 日本製静電気防止ブレスレット サンダーガード 赤

価格:2,675円
(2017/12/10 09:58時点)
感想(0件)

エレガード 大サイズ 160ml

価格:736円
(2017/12/10 09:58時点)
感想(65件)

静電気防止についてのまとめ

静電気はビリっとなるのが嫌ですよね

特にビリっとなるのはドアノブが多いの

ではないでしょうか?

まずドアノブ触る前にドアや壁などで

放電してからドアノブに触ると結構ならない

ので試してみて下さいね。

衣類も柔軟剤を入れて洗うと静電気防止できます

乾燥時期ですから自分の保湿もすることにより

静電気を予防できますよ。

「ビリビリ」きたら乾燥してると思いましょうね。

幸せホルモンセロトニンを自分で増やす方法
幸せホルモンセロトニンを自分で増やす方法
セロトニンとは幸福のホルモンと言われていて元々人の体に存在している物質です心を安らぎや安定をなどに関与します。 三大神経物質とも言われていてセロトニンが不足するとうつ病などの精神疾患などにも影響が出ると言われています。 ではセロトニンとはどういったものなんでしょう?
スポンサードリンク



シェアする

フォローする

AD