ナッツの効果は?いつ食べるといいの?

SNSフォローボタン

フォローする

クルミやアーモンドなどのナッツは体にいいと話題にもなっているようで

特にハリウッドの女優さんも愛用するくらい、取り入れているようですね。

さてそのナッツはいつ食べるといいのでしょうか?




ナッツはいつ食べるといいの?

ナッツを食べると良いとされているのは質のいい脂肪と満腹感が得られることにより間食を食べることが減りナッツに含まれる食物繊維が便通など良くなることが多いようです。

おすすめはおやつの代わりに食べると良いとされています。
先ほどの満腹感とナッツをかみ砕くことにより咀嚼回数も増えるため食事の量が抑えられるようです。

ナッツは1日どれくらいの量がいいの?

ではどれだけの量を取るといいのでしょうか?
特にナッツは良質な脂肪分と言っても取り過ぎはやはりカロリーも多くなるので

1日の摂取量は約25gを目安にするといいですね。

間食で取り入れるナッツも無塩で素焼きされたものが過剰な塩分摂取なども抑えられます。

私も小腹が空いたときにチョコやポテチなど食べたくなりますがそこをあえてナッツに
変えてみたところ意外と腹持ちがよかったです。

ナッツの種類はどれがいいの?

ナッツの種類も主に3大ナッツが入っているミックスナッツがお勧めですね
アーモンド・クルミ・ピスタチオが入っているものがいいですね。

しかしピーナッツはナッツではなく豆になります。

アーモンド・クルミ・ピスタチオが3種類含まれるものを取ることにより総コレステロール、LDL-コレステロールを低下させることが報告されています、ピスタチオにおいては血圧降下作用も報告されている。



アーモンドのいいところは?

食品の中でもビタミンEの量も多く100グラム当たり約30mgも含まれている。
ビタミンEは活性酸素に体内の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。

老化の予防や悪玉コレステロールの酸化を抑制してくれて過酸化脂質の生成を防いでくれて心臓病や糖尿病の予防に役立つようで。

他にも亜鉛やマグネシウム、カリウム、鉄など各ミネラルも多く含んでいる。

また、豊富な不溶性食物繊維を含んでおり腸の働きを活発にして便通などによいです。

コレステロールを吸収し抑制する作用があり脂質の約7割は、不飽和脂肪酸のオレイン酸で、善玉コレステロールを維持し悪玉コレステロールを制御し酸化させない働きがあるポリフェノールを多く含んでいる。

クルミの効果のいいとこは?

生活習慣病の予防や改善効果など骨や歯の健康を保つ効果などが良く知られていますが

クルミの効果はこちらにまとめてありますのでこちらからどうぞ~~

ピスタチオのいいところは?

ピスタチオにはカリウムが多く含まれている為 体内の余分な塩分の排出を助けてくれます
これによって高血圧などにも良いですし、むくみなどにもいいですね。

ルテインも含まれていて眼精疲労にも効果があるとされています。

食物繊維も含まれていて便通にも良いとされています。


ナッツはいつ食べればいいの?まとめ

ナッツはおやつ(間食)の代わりに食べるのがいいですよ。私もちょと小腹が空いたときに
ナッツをポリポリ食べるとお菓子よりも腹持ちが良く感じました。

ナッツ類は塩分がないと美味しくないじゃんと思われますがこれが意外とナッツに味が
あるので噛めば噛むほど味が出てくる感じがしました。

ナッツは噛まなければ飲み込めないので噛むことにより満腹感も増すようです。

まとめると一番お勧めは食前の空腹時に食べると満腹感もでて食事量も減るし
食物繊維も豊富なので食べ過ぎなければ美味しくダイエット出来そうですね。

しかしアレルギーのある方は注意してくださいね。

干しブドウ酢の効能は?毎日食べててダイエット効果も期待?
干しブドウ酢の効能は?毎日食べててダイエット効果も期待?
お酢の効能効果は色々ありますがそこでお酢と合わせて食べるといい食品を探していた時にテレビでやってました干しブドウ酢がダイエットやむくみなどに効果がありますよ~とNHKの番組でやっていましたのでまとめてみましたよ。
スポンサードリンク



シェアする

フォローする

AD