下町ロケット特別編感想ネタバレ~藤間社長の言葉がしみる!

SNSフォローボタン

フォローする

最終回を迎えたはずの下町ロケットでしたが
年を越して特別編が1月2日に放送されますね。

モヤモヤした終わり方だったので
完全にまとめてくるんでしょうね~

さて今回も下町ロケット特別編感想ネタバレ
まとめてみましたよ~

※下町ロケット見てない人は見てからどうぞ~
ネタバレになりますので




下町ロケット 特別編

あらすじ

全員の力を結集し、ようやく完成した佃製作所と帝国重工の無人トラクター「ランドクロウ」。しかし、発売から数週間経ったあとも売り上げが伸びずにいた。一方、ギアゴースト&ダイダロスが手掛ける「ダーウィン」は好調そのもので、差は開くばかり。形勢逆転を狙う帝国重工の次期社?候補・的場は、ある手段に出る。それは、ダーウィンチームに力を貸し、なおかつ帝国重工の取引先である下請け企業に圧力をかけるというものだった。それにより、徐々にダーウィンチームから離脱企業が増え、ついにはダーウィンの在庫が底をつく。思わぬ形でライバルの勢いを止めた佃ら佃製作所のメンバーだったが、自分たちの技術力による正当な評価ではないため、心境は複雑なものだった。逆に、窮地に立たされた重田と伊丹は思わぬ一手を放ち・・・。

引用元 https://www.tbs.co.jp

スポンサードリンク


下町ロケット 特別編感想

下町ロケットも、最終回で完結かと思いきや
新春特別ドラマでまとめてくるとは驚きですが

佃は、農家を見回りに行くとダーウィンが農業で
働いているのを見かけるとランクローがあまり
扱ってない事に苛立つ

帝国重工も的場が、ランドクローの販売は
小型化にしたことが、販売が伸びていないと
帝国重工の会議で発表するが、藤間社長は
「短期決戦ではない!」と言われる

帝国重工の権力争いにランドクローが巻き込まれて
いるようだ。

的場は各下請けに圧力をかけて来た・・・・

モヒオ
的場の逆襲が始まりましたね・・・・

一方、佃は帝国重工の動きに
「うちのエンジンとトランスミッションであれば勝ち目が
あると言うのに、顔に泥を塗られた気持ちだ」と

的場の下請けの圧力によって、ダーウィンプロジェクトの
メンバーもその影響を受けて製造が起これることになって
きた。

重田もその対策に伊丹を追い込んだ中川が顧問弁護士が
訴訟を起こそうとしていた。

訴訟を起こされそうになっている的場は、重田に今までの
恨みを会場で言われ

ついに的場は帝国重工をやめさせられる。

佃や財前部長には何かやりきれない気持ちが現れていた。

佃は色々あった野木のもとを訪れ、今までのことを
謝りにいくが、そこで野木から見せられたものは
農業雑誌に帝国重工とダーウィン性能の比較では
帝国重工が圧勝だった。

そこでダーウィンに不具合がかなり出てきた
ギアゴーストでは氷室の怠慢により混乱が出てきた。

帝国重工はトラクターに続いて無人コンバインの
発売を決定した。

ダーウィンプロジェクトでは伊丹が追い込まれていた
シャフトが特許を取っていた為、シャフトが使えない
そこで、プロジェクトの戸川や北堀や中川は伊丹を
追い込んでいく。

重田も伊丹に同じように佃に頼み込め!!
土下座でもなんでもしてやれ!と・・・

モヒオ
これじゃ~ 的場と何も変わらんじゃん・・・・

伊丹は恥を忍んで佃製作所を訪れる

伊丹は特許のライセンス契約をしたいと
佃の取締役たちは今までの経緯の中で
伊丹の提案を断る。

しかし、伊丹はしつこく佃の元を訪れる
社員からももう来ないでくださいと言われてしまう。

佃製作所の中でも、ギアゴーストの件で混乱が生じていた
立花はみんなで頑張って見つけたシャフトの技術を
渡すなら「俺はこの会社辞めます!」と怒りを
あらわにする。

殿村の所を訪れた佃たちは無人コンバインの
テストを殿村の所で行う事となった。

そこで、財前部長は台風や自然災害の時に
無人コンバインをキャラバン隊として出動
する計画をしていた。

帰りにダーウィンの不具合に出くわす。

台風の予報が出たが、殿村の農場では
なかったがおやじさんの勘で
ランドクローを走らせることになった。

刈り入れ中に台風の向きが変わり
殿村の地域に向かってきた。

殿村の同級生の稲本は自分の所の
稲が大変なことになっていた・・・

慌てて行っているが農林組合の吉井は
「いいじゃないですが 共済に入っているなら」

殿村はその言葉に切れてしまう!

「ふざけるな! どんなに一生懸命米を作っているのか
分かっているのか!!」

殿村は稲本にトラクターを貸して協力する。

台風の中今本は刈り取りをしていた
しかし、作業中にコンバインは止まってしまう

佃は殿村のランドクローを稲本に貸し出すのはどうだと
提案する、そのためにはダーウィンの地図データーを
ランドクローに書き換える作業を行う事となる。

それには帝国重工の財前部長との協力の元
佃に依頼のあったキャラバン隊も燕市向かう
事になった。

ランドクローも遠隔操作が可能となった
作業が開始された。

もちろんヤタガラスの衛星位置情報を把握した
ランドクローだから出来る技術だった。

ついに帝国重工のキャラバン隊が燕市に
到着した。

モヒオ
帝国重工のランドクロー出陣の時はかっこよかった!

台風の影響がテレビでも中継されていた
そこでは、帝国重工のランドクローが
中継されていた。

台風の中稲の刈り取りは無事終わり
野木先生から「なあ佃日本の農業は救えたか?」

稲本は刈り入れを手伝ってくれた
みんなに泣きながらお礼をした

立花もそのことがあり前に話した
事が気になっていたが

佃社長は、農家の方を救いたい
人が好過ぎるかな?なあ立花・・・

俺も救いたいです。

ダーウィンプロジェクトの緊急会議が
行われていた、ダーウィンプロジェクトは
解体されることとなった。

帝国重工でも財前部長が今回の件で
呼び出されていた。

どこの会場でも混乱していたが
その時に佃はダーウィンプロジェクトの会場に現れる。

佃は今までのことを会場で熱く語り
日本の農業の為に出来ることを大いに語った。

帝国重工でも、財前部長がヤタガラスの精神に
乗っ取って行ったものだと処分はいかようにも受けます。

会場はどよめいたが

藤間社長は
「諸君、我が帝国重工は何を作っている?」

「心だ!」

財前部長は藤間社長に頭を下げた

藤間社長は
「何でも言えば通ると思うな!危なかったぞ」

モヒオ
藤間社長!!

かっこいい!!

佃は、特許をライセンス技術を提供することを
決めた。

その後ランドクローは人気となる。

やはり最後に帝国重工からヤタガラスを積んだ
ロケットが発射される。

スポンサードリンク


見逃し配信は

民放公式サイト TVer

Paravi

で見えますよ~~~~

下町ロケットの過去の作品はU-NEXTでみれますよ

下町ロケット全話を見たまとめ~

やはり下町ロケットはこうでなくっちゃ
いけませんよね~

色々悪代官が、正義の企業を懲らしめようとするが
最後には信念を貫いたものが勝つ!!

悪だくみしていたほうも、その信念に負けて
正義を取り戻していく

この感じがやめられませんよね

また、続編やらないかな~

出来れば陸王の続編や半沢直樹の続編でも
いいのでやってほしいところですね。

下町ロケット最終回感想ネタバレ~このまま終わるのか?立花やめる?
下町ロケット最終回感想ネタバレ~このまま終わるのか?立花やめる?
ついにこの日を迎えてしましたね。 佃製作所はアルファー1がどの様に進化していくのか? ダイダロスの卑怯な戦略にどう立ち向かうのか ついに大詰めになってきましたね。 今回も下町ロケット最終回まとめてみましたよ~ ※本編見てない人は見てからどうぞ~ネタバレになりますので。 下町ロケット 最終回 あらすじ

いだてん~東京オリムピック噺~ん?キャストに気になる人が・・・

2019年冬ドラマ一覧おすすめは?赤いスーツとおじさんが活躍するかも

スポンサードリンク



シェアする

フォローする

AD