下町ロケット9話感想ネタバレ~藤間社長の睨みがかっこいい!

SNSフォローボタン

フォローする

下町ロケットついに最終回が近くなってきましたね。

無人トラクターはどうなるのか?ロケットは飛ぶのか?
財前部長と佃社長はどうなるのか?伊丹は復讐の鬼になるのか?

色々気になるところが多いですが、さて今回も下町ロケット9話感想
まとめてみましたよ~

※下町ロケット9話感想ネタバレまとめてみましたよ~
 本編見てない人はネタバレになりますの見てからどうぞ~




下町ロケット9話

あらすじ

農業機械の展示会『アグリジャパン』という公の場で、醜態を晒してしまった帝国重工の無人農業ロボット「アルファ1」。信用回復のため原因究明に奔走する的場や奥沢たちは、最初から自分たちの落ち度の可能性は認めず野木の自動走行制御システムに問題があったと結論づける。しかも、その原因を究明するにあたり、開発コードをよこせと無理難題をふっかけてきて……。

引用元 https://www.tbs.co.jp

スポンサードリンク


下町ロケット9話感想

帝国重工のアルファー1が、展示会で転倒してしまう。

それも、公共の場でイメージダウンとなった帝国重工は
野木先生に、無人遠隔システムを渡す様に、的場は
詰め寄る。

的場は、会長から帝国重工に泥を塗ったと会長に言われ
藤間社長からも、初期の企画から大幅に変わっているのは
何故だと、言われ追い詰められている。

佃社長は動画を見て、不具合を調べていた、もしかしたら
トランスミッションでは、ないのかと帝国重工の財前部長と
話し合い、財前からの提案を佃は受け入れて、野木先生の
制御システムの実験を始める事となった。

モヒオ
やっぱり財前部長は、かっこいい!!
帝国重工のことを一番考えている部長さんですね。
こんな部長ならついていきたくなります!!

佃のトランスミッションとエンジンを積んだトラクターの実験は
無事成功に終わった。

しかし、的場は今の検証は帝国重工は問題ないと奥沢は財前に
噛みつくが、的場は話を切り上げようとしたが・・・・

そこに、現れたのは藤間社長だった!!

「帝国重工のトランスミッションには問題なかったなら
徹底的に調べてもらえばいい」

奥沢は、もし不具合があったら・・・

藤間社長は、もし不具合があったらといったのか?

「可能性が1%もある限りしっかり調べるのが技術者だ」

「君たちは帝国重工に泥を塗った、恥を知れ!」

奥沢に、渇を入れるように睨みをきかせる。

モヒオ
藤間社長!!
かっこいい!

貫禄ある、最高の社長ですね。

帝国重工は、トランスミッションの不具合が見つかり
根本的なミスだった。

一方、ロケット事業部もバルブシステムの開発が
大詰めとなってきた、佃製作所でもバルブシステムも
いいものが出来てきたようだ。

帝国重工で、バルブシステムをテストしたが、基準値を
超えた、キーデバイスを夢見ていた帝国重工は喜んだが
しかし、佃製作所は大幅に数値を超えてロケットバルブは
佃製作所が勝ち取った。

ひめ
利菜ちゃんも頑張っていたけど、こんな感じで怒ってましたね。

財前部長は、改めて佃製作所にエンジンとトランスミッションを
提供してほしいと、頭を下げてお願いに来るが。

今回は、少し考えて答えを出したいと・・・

殿村に相談を求めた佃は悩んでいた。

利菜ちゃんにもパパのバルブはすごいね
感動しちゃった、そんなの見たら頑張るしかないじゃん。

お前の信じた道を一歩一歩進めばいい・・・

来週は佃製作所に島津が????

スポンサードリンク


見逃し配信は

民放公式サイト TVer

Paravi

で見えますよ~~~~

下町ロケットの過去の作品はU-NEXTでみれますよ

下町ロケット最終回予告~

引用元 YouTube

財前から再び無人農業ロボットのエンジンとトランスミッションの供給を頼まれた佃製作所。悩む佃だが、社員の中には、失敗の許されないこの挑戦に後ろ向きの者たちもいた。今までのノウハウを生かし、エンジンには絶対の自信があるが、問題はやはり経験不足の感が否めないトランスミッション……。

そこで佃は、大学講師のアルバイトとして働く島津のもとを訪れ、改めて一緒に仕事をしないかと誘う。 悩む島津だったが、立て続けに伊丹が訪れてきて……。

引用元 https://www.tbs.co.jp

スポンサードリンク


さくらの親子丼2全話感想~さくらさんがパワーアップして帰ってきた!

2019年冬ドラマ一覧おすすめは?赤いスーツとおじさんが活躍するかも

スポンサードリンク



シェアする

フォローする

AD