下町ロケット1話感想ネタバレ~徳重聡が意外なキャラを発揮!!

SNSフォローボタン

フォローする

ついに待ちに待ったした下町ロケット

続編が始まりましたね~

佃製作所は今度はそんなふうに危機を

乗り越えていくのか

財前部長のカッコよさも一段と光るのか

いや~今回1話を見て思った感想などを

まとめてみましたよ~

※下町ロケット1話見てない人は

本編見てからどうぞ~ネタバレになりますので




下町ロケット1話

1話あらすじ~

元宇宙科学開発機構の研究員で、ロケットの打ち上げ失敗の責任をとって辞職し、現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」で経営者として第二の人生を送っている 佃航平(阿部寛)一度はあきらめかけた佃の夢であったロケット製造を、自社が開発したバルブシステムを使用し、日本を代表する大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」により実現するなど、順調な佃製作所だったが…。
ある日、帝国重工の社長交代により、スターダスト計画は次回で終わるかもしれない――と帝国重工宇宙航空開発部部長の財前(吉川晃司)から告げられ、佃はショックを受ける。ロケット製造に関わることは佃の夢であるとともに、今や「ロケット品質」を掲げる佃製作所社員たちの精神的支柱にもなっていたのだ。

引用元 http://www.tbs.co.jp

今度の舞台は宇宙から大地へ

ロケットからの撤退を余儀なくされた

佃が取った行動は・・・・

スポンサードリンク



下町ロケット1話ネタバレ~

財前部長の演説から始まる
ロケット技術の先人と帝国重工宇宙航空部の
全員の努力の結果だ皆の力を一つにして
宇宙に運ぼうではないか

スターダスト計画によって再度ロケットが発射された

現在までに打ち上げられたロケットは10基となり
佃製作所のバルブが全て使われていた。

ロケットの人工衛星の発射も成功し
後1基となった

財前は佃航平に次回のヤタガラスのロケットで
最後になるかもしれないと

帝国重工のロケットからの撤退があると

現在の経営責任を取るために現社長の藤間社長の
退陣を求める声が上がっている為であった

的場取締役はロケット事業からの撤退を
もくろんでいた

佃はロケットに変わる事業を詮索することに
なった。

佃製作所でもロケットに夢を持った
立花洋介(竹内涼真)も次は俺が作った
バルブでロケットを飛ばしたい気持ちで
いっぱいだった

佃製作所も農業メーカーのヤマタニから
新型エンジンの納品をヤマタニの社長交代
の為で納品ラインが減少させらてしまった。

佃製作所の中ではロケット事業がなくなることが
噂になっていた、そこにいた軽部真樹男(徳重 聡)
が「俺ロケット事業に興味ないし』と立花ともめてしまう。

殿村が父親の様態が悪く田舎に戻ってしまっていたが
佃と山﨑は殿村に実家を訪れる

スポンサードリンク



そこで佃はトラクターに乗って掘りムラが出来ることを
殿村から聞いてそのせいで父親が倒れたことを佃に話をする

トランスミッションを佃は開発しようと決意して
取引先を探していたところに
GEAR GHOSTを知ることとなる

そこで社長を務める伊丹と島津は元帝国重工の
社員だった

GEAR GHOST(ギア ゴースト)の
トラクターのバルブコンペを行う事と
なった

佃は納得いくものを作ってきますと・・・

佃は帝王だろうが何だろうがこのコンペを
勝ち取るぞ!!

プロジェクトメンバーに軽部と立花と加納が
選ばれたが軽部は時間がないのに定時だからと
さっさと帰ってしまう

立花は軽部に設計図を見てもらうが
「やぼったい やり直し」

『設計変更だ」

「定時だから帰る」と

軽部と立花は軽部の言葉に胸ぐらをつかんで
衝突してしまう

お前らが言ってるロケット品質はこんなもんかと

立花と加納はガウディ(人工弁)で出会えた子供たちに
合いに行くことにした

財前は帝国重工で内示があったことを佃に伝え
次のヤタガラスの発射で花道とさせられることを
佃につたえる

帝国重工はロケット開発から撤退する方針となる

ガウディで元気になった子供たちにあった
立花と加納と佃は佃らしさを出すために
ギア ゴーストのバルブを設計しなおした。

立花は設計しなおした設計図を軽部に見せて

「まぁ いいんじゃないの~~」とOKを
もらいバルブを完成させた。

コンペも始まり大森バルブと佃製作所の
バルブスペックのコンペを性能評価を
科学研究所で両社も参加したことで
判断することになった

コンペのスペックの数値では佃製作所が
負けていたが島津が佃のバルブシステムを
見てこれはすごいと絶賛する

技術力では絶対的な自身をもつ佃がコンペを
勝ち取った。

下町ロケットゴースト感想

ロケット開発から今回はガウディに続いて
またロケットで行くのかと思いましたが
今回は宇宙から大地へと言うことで

トラクターのバルブ製造を手掛けていくようですね

財前部長がこのまま退いていくのかと
思わせるようですがどうなることやら

今回一番この人誰?と思ったのが軽部役の
徳重 聡さんですね

今まで渋い役やかっこいい役が多い感じでしたが
今回イヤミな役どころでしたが
徳重さんには見えなかったのがびっくりしたところ
ですね。

最初から勝ち取るとこの後の流れがどうなるか
気になるところですが

今度は特許侵害で法廷で争うことになりそうですね

スポンサードリンク



見逃し配信は

下町ロケット ゴーストの見逃し配信は

民放公式サイト TVer

Paravi

で見えますよ~~~~

下町ロケット ゴースト2話予告

殿村の実家へ行き、『トランスミッション開発』という新たな夢を持った佃。ギアゴーストのコンペで大森バルブに勝利するなど順調そうな佃製作所であったが、ギアゴーストがライバル企業のケーマシナリーから特許侵害の指摘を受け、コンペの話が白紙になろうとしていた。
特許侵害を指摘したケーマシナリーに話を持ち掛けたのは、佃製作所とも因縁のある弁護士・中川京一だった……。
そこで、佃(阿部寛)は自社の顧問弁護士である神谷(恵)に相談すると、予想外な答えが返ってきた。ギアゴーストに全面協力することにした佃製作所だったが、度重なるトラブルに難航し、社内は不穏な空気に。特許侵害訴訟からギアゴーストは逃れることができるのか?
新たな挑戦に向け、歩きだす佃たちは果たしてどうするのか!

引用元 http://www.tbs.co.jp

結婚相手は抽選で2話感想ネタバレ~玲子の涙の意味はいじめが原因

僕とシッポと神楽坂1話感想ネタバレ~綺麗な街並みがキャストを光らせる

中学聖日記1話感想ネタバレ~晶と聖の行方がもう気になる~

スポンサードリンク



シェアする

フォローする

AD