ブラックペアン7話感想~誰が悪いやつなんだ?~

SNSフォローボタン

フォローする

ブラックペアン7話面白かったですね

まさか出だしから渡海先生が・・・

最後には・・

いや~気になるところが

満載過ぎてまとめてみましたよ~

※ブラックペアン7話見てない人は

ネタバレになりますので7話を見てからどうぞ~




ブラックペアン7話あらすじ

帝華大に引き抜かれ、東城大を去った渡海。西崎教授の狙いはなんなのか?高階も訝る。一方、国産ダーウィン=カエサルを推進する厚労省の富沢(福澤朗)は、東城大に一人の患者の治験を持ちかける。カエサルの治験にぴったりの症例だというその患者・山本祥子(相武紗季)の情報をどうして富沢が知ったのか?東城大の患者のリストを誰かが持ち出したのだ・・・佐伯教授は、富沢の後ろに西崎教授の影を感じる。東城大は祥子を治験者にするため、担当医を黒崎にし、木下から祥子に治験についての説明をすることに。ところが・・・。

引用元 http://www.tbs.co.jp

ブラックペアン6話感想~高階先生 そらないわ・・・
ブラックペアン6話感想~高階先生 そらないわ・・・
ブラックペアン6話見ましたか~ 今回も ブラックペアン6話あらすじ ある日、東城大に渡海の母・春江が搬送される。黒崎の緊急手術で腫瘍は取り除かれ危機を脱するが、術後の検査で一部見落としがあり腫瘍がまだ残っていたことが発覚する。渡海はそのことを医療過誤と責め立て、佐伯教授が再度執刀するという案をはねつける。それば...

7話見どころ

7話前半

7話出だしから何やら雲行きが・・

渡海の母親の手術の後に

病院長守屋から渡海に東城大の

規則について教授が集まったところで

処分が言い渡される

守屋からは給料3分の1にすると

処分が言い渡されるが

渡海が今の給料の2倍で来ないかと

言われていると

なんと帝華大からの引き抜きだ

佐伯教授も渡海が決める事だと

止はしない。

渡海はお世話になりましたと

東城大を去ってしまう。

そのころ東城大には帝華大に

患者の情報が流れていると・・・

一方医療コーディネーターの木下も

昔看護婦だったころに医者だった

山本(相武紗季)が入院してくる

木下は昔の因縁から

『彼女には死ねばいいのにと思っていました』と

一方帝華大に行った渡海はPCの

アクセスをして何かしようとして

いたところIDがないため

入れない

何やら炊飯器を買おうとしていたようだ

東城大では高階が帝華大に患者の情報が

流されていると疑われていた

今回山本のカエサルの手術も高階

から黒崎に主治医がかえられている

黒崎は患者にペニシリンの投与を

指示する

しかし山本はペニシリンアレルギーを

持っていたのを知らなかったが

木下が花房がペニシリンを持っていた

事を気がついて

ペニシリン投与を止めていたようだ・・・

その失敗を看護婦のせいにする

病院長 守屋

看護婦たちは「申し訳ありませんでした」と

言うが なにか腑に落ちないところが・・・

治験コーディネーターを

最初に交代させてくれと山本は

行ったが今回のペニシリンの件も

あったのか

『やっぱり彼女にお願いします』と

木下がコーディネーターとなる

木下は帝華大にいる渡海を訪ねる

その時に帝華大で行われていた

手術で患者の様態が急変する

手術中に帝華大の医師は手術を

中断しようとする

そこに現れた渡海先生!!

やっぱり心筋梗塞起こしたか

患者が首痛めてたろ

はっきり調べればわかった事だろ

早くテレビを止めろ!!

帝華大の研究してるのは隠蔽か?

だったら患者直せよ!!

もう助からん・・・

じゃあ1000万出せ

辞表書けよ

俺が助けてやる

俺が大先生に伝えてきてやるよ

・・・助けてくれ

渡海『邪魔』

手術が始まり帝華大の助手が

あたふたしながら手術が行われた

『なんて手さばきだ これが

東城大の悪魔か・・・』

アッとゆう間に手術完了

渡海は『腕のない医者は死んだ方がいい』

『お前の論文に書いていいぞ』

手術室を立ち去る・・・

木下の所に戻り

木下は『相変わらずのようですね』

渡海は『患者がいる俺が助ける以上』

『どこにいても俺がやることは変わらないんだよ』

スポンサードリンク



7話後半

カエサルの2度めの治験が

始まろうとしていた

渡海先生がいなくなってから

猫ちゃんもやる気がなくなっていたが

猫ちゃんのスマホに渡海先生から

連絡が

『ねこ ひとつ おつかい』と・・

黒崎先生が主治医で始める

カエサルの治験が始まる

カエサルの手術は

成功する

後の処置はよろしくと黒崎は

去ろうとするが

高階先生が『待ってください』

血栓が浮遊しているのが発見されて

このままだと患者の命にかかわるが

病院長守屋はすぐに閉じるよう指示する

高階先生は『放置すれば患者の命に関わる』

黒崎は『予定になかったことだ閉じるのも

仕方のない事だ』

高階『それはこちら側の理屈だ!!

わたしがやる』

黒崎は

『主治医は私だ血栓なんてどうでもいい』

木下は

『今の言葉患者さんに伝えていいですか』と

マイクで言うと

黒崎『勝手にしろ』

腫瘍摘出手術をカエサルで高階先生が

行う

無事摘出修了

オペ室で花房の前に猫ちゃんが

花房『片付けもう終わりました』

猫ちゃん『その前にもう一つ片づけな

きゃならないものがある』

佐伯教授たちが教授の部屋に戻ると

渡海先生が

何故そこにいるのか問いただされると

帝華大に情報が洩れている情報を

見せる。

高階先生が疑われるが

コピーしたIDがあると・・・

猫ちゃん達も部屋に現れる

看護婦の宮本亜由美だったが

問いただす周りの先生たち

宮本は無言で声が出ないが

木下が声をかけ

本当のことを言うように聞く

渡海先生が問いただす

誰に指示されたか聞く

『誰なんだよ!!』と聞くが

答えられない

こうゆう教育は行き届いてるんですね

守屋院長

私がやった証拠はあるのか

渡海はメールの中に守屋の名前が

書いた紙を見せる

守屋は佐伯教授に問い詰められる

なんでもしますと

佐伯教授は不問にする代わりに

渡海の東城大に復帰する段取りと

給料を倍自腹で払わさせることを

約束させる

花房は『渡海先生東城大に戻ってくるん

ですね』

渡海『まだやることがあるからな』と・・

花房は世良に渡海の持っていた

レントゲンの事を話す

何故 渡海先生があの写真を持っていたか・・・

ブラックペアン8話予告~

ついに佐伯教授の秘密にも

近づいてきますね

来週の予告でもどうなるか

気になりますね

ペアンの患者は誰?

渡海一郎と佐伯教授の

関わりは?

スポンサードリンク


7話感想

どこに行っても完璧な仕事ですね

特に今回渡海先生が東城大を去ることも

最初から帝華大に乗り込んで

情報を引き出すことが狙いだったんで

しょうか?

想定して動いていたなら

ある意味天才過ぎますよね~

また来週も佳境にドラマが入って

きましたので見逃さないように

しましょう。

ブラックペアン5話感想~高階先生が熱くなる~
ブラックペアン5話感想~高階先生が熱くなる~
ブラックペアン5話あらすじ 外科学会理事長選をにらみ、高階が手がけるスナイプに関する論文で駆け引きを続けていた佐伯教授と西崎教授。最終局面を迎えたこの戦い、ついに論文の功績を手にしたのは西崎だった。師である西崎を選んだ高階は東城大を去り、帝華大に戻る準備を始める。その頃、渡海は佐伯教授に患者・島野小春(稲垣来泉..
スポンサードリンク



シェアする

フォローする

AD