ビタミン・などをわかりやす解説くしてみた。

日常

ビタミンA(レチノール)

ビタミンAは視力低下や・夜盲症を防ぐ

事で良く知られている脂溶性ビタミンで

網膜細胞や皮膚、粘膜上皮細胞の再生

役に立っている。

最近よく聞く体内でコンドロイチン硫酸の

合成にも役に立っている。

 

皮膚など髪の毛の健康を保ったり、甲状腺の

機能亢進を抑えて生殖機能を高める働きも

する。

ビタミンAが少なくなると(欠乏)

抵抗力が弱くなり、目や消化器・呼吸器系

の障害など味覚等の異常などももたらす原因

となるようです。

ただし脂溶性ビタミンなので取り過ぎては

ダメです、体脂肪内に蓄積されて過剰症に

なることもあるので、ビタミンAを取るなら

βーカロテンで取ることをお勧めします。

スポンサーリンク



ビタミンC(アスコルビン酸)

ビタミンCは水溶性のビタミンで

普段から大量にとっていると風邪から

ガンまで様々な病気を予防できると

言われ、ビタミンの代表感がありますね。

特に取り続けると、カゼの予防、ウイルス抑制

コラーゲンの生成を助けたり、免疫機能を

高めたりする。

 

人間の体内では作れないので1日50mg

取るといいです。

 

よくテレビでレモン100個分のビタミンC配合と

うたって宣伝してるがレモンのビタミンCは1個

100gあたり100mgとかなり少ないが、

なぜレモンが、代表格になっているかというと

消費者に分かりやすくレモンで表しただけなん

ですね~

でもレモンが1番多いような誤解がいまだに

あるようです。

特に野菜では実は赤ピーマンと黄色ピーマン

にビタミンCが多く含まれています、もちろん

アセロラは含有率が一番多いですね。

 

特にビタミンは毎日取る様に心がけると

良いですね。

 

またビタミンBなどは順次更新していきます。


スポンサーリンク




DHAを簡単にわかりやすくしてみた^^
食事が最近欧米化されてきて魚を食べない子供が、多くなってきてるようです理由としては骨があるから、取りにくいので食べないからとか言われていますが特に日本で昔から多くとられてきた青魚その中に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコタペ

コメント