ビタミン・などをわかりやす解説くしてみた。

いま、いろいろなサプリメントなどで

ビタミンとかミネラルなど色んなものが

出てきてますね。

でもビタミンってなあに?って聞かれても

ん?って時ありません?

ビタミンやらミネラルなどなど

分かりやすくしてみました。

皆さんの健康の役に立てばうれしいです。

ビタミンってなあに?

ビタミンってなあに?っと聞かれて

CとかBとかあるやつでしょ!

ああ飲んでるよ~

気を付けて食事に取り入れてるよ~

って方が多いはず、でもなぜビタミンが

必要なのかを簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク



身体の中に必要な三大栄養素

タンパク質

糖質

脂質

の栄養素が十分に機能するように

働いてくれる必須の栄養素です。

特にビタミンで有名なのが

今日本では少なくなった脚気の改善に

米ぬかを取って改善させたことにより

米ぬかの中から今で言うところのビタミンB¹

が発見されたことが代表的ですね。

ビタミンの名前の由来は?

ビタミンは米ぬかのエキスから

白米病に聞く物質を抽出して

炭素・水素・窒素からなる物質が

アミン(アミノ酸ではないですよ)で

あると考えたことから、生命「Vita」

に必要なアミン「Amine」でビタミン

名前が付けられた。

その後米ぬか以外にも卵や肉類の中の

油脂分の中にもビタミンが見つかり

脂溶性A・水溶性Bと分類されその後

オレンジから水溶性Cが壊血病に効果があると

発見されたので、これらの栄養成分を

ビタミンと総称してそれぞれにA・B・Cと

符号をつけて呼ぶことを提案して

今では13種類のビタミン

< 脂溶性 >

ビタミンA・D・E・K

< 水溶性 >

ビタミンB¹・B²・B⁶・B12・C・ナイアシン

パンテトンサン・葉酸・ビオチン

があり、またビタミン様物質

コリン・イノシトール・ビタミンP・ビタミンQ

などが「ビタミンの仲間」として扱われている。
スポンサーリンク



次のページはビタミンAとビタミンC