DHAを簡単にわかりやすくしてみた^^

食事が最近欧米化されてきて

魚を食べない子供が、多くなってきてるようです

理由としては骨があるから、取りにくいので

食べないからとか言われていますが

特に日本で昔から多くとられてきた

青魚その中に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)

EPA(エイコタペンタエン酸)は皮膚や頭に良いと

言われています、少しわかりやすくかみ砕いてみましょう^^

DHA(ドコサヘキサエン酸)

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、一昔前に

「頭の良くなる脂肪酸」として一躍有名に

なった機能性成分である、なぜ頭に良くなるか

と言われたのかは脳細胞のニューロン神経突起に

多く含まれていたことから情報伝達や記憶の

保持することに大きな影響を与えていると

考えられたからである。

簡単に言うと脳の神経で受信するところに

DHAが全体の1割もあるから、これは

DHAってすごいんじゃないってことです。

DHAって魚によっても含有量違うの?

特に多く含む魚はやっぱり日本人なら

本マグロ刺身 100g中 2.9g

筋子     100g中 2.2g

養殖真鯛   100g中 1.8g

養殖ハマチ  100g中 1.7g

ウナギの蒲焼 100g中 1.5g

サンマ    100g中 1.4g

などなど、特に高い魚におおいですね^^;

でも青魚をたくさん取れば同じことです。

スポンサーリンク



DHAの効果は?

血液のドロドロの改善 (サラサラにする)

動脈の壁の収縮・弛緩 (動脈硬化予防)

血小板の凝集抑制   (動脈硬化予防)

LDLコレステロールが血管の着くのを防ぐ
力はEPA(エイコタペンタエン酸)より強い

HDLコレステロールの働きも助けてくれる

中性脂肪の代謝抑制

学習能力向上・記憶力能力向上

視力低下の抑制

ストレス緩和の効果

抗炎症作用

抗アレルギー作用

アルツハイマー発生抑制

高血圧抑制作用

色々な効果があるのがDHAです^^

ビタミンを取るのもいいですが

DHAを取ることは血液循環や肝臓への

中性脂肪も付きにくくするため

ダイエットにも効果があるようです。

まとめ

DHAを取ることは血液をサラサラに

しながら脂分を分解してくれたり

身体に付きにくくしてくれる効果や

頭の中の神経物質に聞いて痴呆予防や

アレルギーにも効果が期待されているので

これはマルチ食品ですね^^

特に青魚で取れればおいしく頂けますし

サプリメントでも今は昔と比べて性能

もよくなっているので簡単に取れる方法

として取り入れるのもよいのでは。

青魚を取るときは味噌汁も一緒に取ると

カルシュウムの吸収もよくなり一石二鳥!!

だそうです、せっかく取るなら油も

αーリノレン酸を使っているものに変える

といいですね。

αーリノレン酸は体内に入るとDHAや

EPAに代わるので使い勝手はいいですね。

これからもっと元気で頑張りましょう。

健康で長生きできますように^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

フォローする