インド式掛け算を19×19まで暗算で簡単に出来る方法がびっくり

インド式計算法ってすごいですね

今更と思いますが一時期ブームに

なりましたよね。

たまたま本を読んでいたらまた

インド式計算法が乗っていましたので

この計算方法が面白かったので

今回はインド式計算法で19までの

掛け算を簡単に出来る方法を

まとめてみましたよ。

スポンサードリンク



インド式計算法とは?

調べていくとインド式計算法とは

日本で名前のついた計算法でインド式

と言うとインドで独自に開発された

計算法と言うイメージになりますが

「インドではかなり知っている人が多い」

と言う事から日本でインド式計算法と

名づけられたようです。

ただこの暗算方法は覚えといて

損はないと思いますよ。

計算の仕方

まず 11×14を計算してみましょう

このまま暗算でやろうとすると

  11
× 14

11
 44
 154

と普通ならなりますよね

インド式計算方法は

11×14=(11+4)×10+1×4=154となります

まず赤い部分の説明はかけられる側の11と

かける側の4を足して10の位なので10でかけます

青い部分の説明はの位の1と4をかけます そして

合計した数字が154となります

一応その後電卓で計算したら合ってました。

簡単ですよね値並みに11×11からの計算式は

11×11=(11+1)×10+1×1=121

11×12=(11+2)×10+1×2=132

11×13=(11+3)×10+1×3=143

11×14=(11+4)×10+1×4=154

11×15=(11+5)×10+1×5=165

11×16=(11+6)×10+1×6=176

11×17=(11+7)×10+1×7=187

11×18=(11+8)×10+1×8=198

11×19=(11+9)×10+1×9=209となります。

難しそうですが慣れると簡単ですよね

この方法は19×19までの暗算で

覚える方法になっています。

スポンサードリンク



インド式計算方法まとめ

日本では九九で1の段から9の段までしか

覚えませんがインドではその先の

19×19まで覚えるとはすごいですよね

この方法を使えば簡単に暗算で

11から19の位まで出来るように

なりますから覚えといて損はないですよね

その他10の位が同じ場合と一の位が同じ

数字で計算方法が違うようですし

割り算と引き算も面白そうなので

またまとめましたら更新します。

2月はなぜ28日なのか?ざっくりまとめてみました。
2月はなぜ28日なのか?ざっくりまとめてみました。
もうすぐ2月ですがなぜ2月だけ日にちが短いんだろうお子さんに聞かれたらどう答えます?いや~決まってるからとは言えないですよねそこでなぜ2月だけ28日なのでしょうか?まとめてみましたよ。