ライドシェアリングとは調べて考えてみた

ライドシェアリングが今話題になっていますね、自動車を相乗りすることにより。

色んな意味で、安価な交通手段だと話題になっていてアプリなどで募集をしたりできる

有料サービスもあるようだ。私自身、調べて考えてみました。

スポンサーリンク



自動車を相乗りすることをライドシェアリングとも呼ばれる。空いてる座席を活用し、他社とガソリン代などを負担しあうことで交通費が節約できるため欧米では安価な交通手段どして浸透している。インターネットの発達に伴って事業化が進み、相乗りの相手の仲介を行うサイトやスマートフォンアプリ、自家用車も利用した有料サービスなども、普及している。CO₂の削減や交通環境の観点からも注目を集めており、行政でライドシェアを推奨している国もある。日本では2007年に初めてライドシェア仲介サイトが開設されて以来、類似のサービスが登場し、徐々に認知が進んでいる。
しかし日本の法律が有料でお客を載せることは禁止されている為、同乗者が謝礼として燃料代や高速代相当の費用を支払う非営利のサービスに限られている。

引用元 https://kotobank.jp

タクシーとの違いは?

基本日本の法律では、一般のドライバーがお客さんを取って営利目的で

送迎して料金を得ることは違法となります。

いわゆる「白タク」ですね。

タクシードライバーさんは2種免許を取っていますので大丈夫です。

スポンサーリンク



高齢者免許等の返納でライドリングシェアもよいのでは?
ちょっと考えてみた~~

今は高齢者の運転での事故等で免許返納などが取りざたされているが

街中の高齢者は病院などの移動手段は、環境が整っているところは良いが

街から離れてしまうと車がないと不便とゆうことで、車を乗らないと街まで

行けないので、公共交通機関を使おうとするが、1時間に1本のバスを乗ったり

乗り継いで目的地に行くのも、かなり大変と思われる。

私自身街中でも必要だとは思うが、町から離れたところに程必要ではないかと思う。

そこで、ライドリングシェアが町から離れたところに普及をしていけば

同じ場所に行く人を募集して、同乗していく料金も割安に行けるのであれば

とてもいいことではないか?

しかしながら、若い人はアプリを使って募集に参加したりできるけど

高齢者には使い勝手はどうなんでしょうか?

もう少し高齢者にも使いやすく出来れば、外に出る高齢者の方々が増えてきて

色々なものを見ることにより元気が湧いてきたり、経済も活性化してくるのでは?

事故を起きなくして、経済活性化、見て歩いて刺激があれば医療費も変わってくるのでは?

と勝手に感想を述べましたが、そこの大型ショッピングモールやタクシー会社やバス会社

さんが協力して日本にあるライドリングシェアを目指していければいいですね。

高齢者の限定免許について考えてみた。
高齢者の限定免許について考えてみた。
警視庁は高齢者の交通事故防止対策として、児童ブレーキとペダルの文間違い時の加速抑制装置などを搭載した「安全運転サポート車」に限って運転できる「限定免許」を導入するなど免許制度の見直しに取り組む法指針を決めた。 80歳以上のハイリスクなドライバーへの実車試験の導入も検討。