高齢者の限定免許について考えてみた。

SNSフォローボタン

フォローする

警視庁は高齢者の交通事故防止対策として、児童ブレーキとペダルの文間違い時の加速抑制装置などを搭載した「安全運転サポート車」に限って運転できる「限定免許」を導入するなど免許制度の見直しに取り組む法指針を決めた。
80歳以上のハイリスクなドライバーへの実車試験の導入も検討。
各省庁局長級で構成する政府ワーキングチームに報告した。

最近では、高齢者の運転免許の自主返納も増加していて、1年間の運転免許の
自主返納が16年は34万人を超えたとゆう話も聞いた事があります。

スポンサーリンク



しかしながら、近年高齢者の事故の発生も多く店舗にアクセルとブレーキを踏み間違えて
店舗に突入や、高速道路の逆走での死亡事故はニュースにもなったのもある。
しかし、私自身通常運転していても高齢者の運転で見かけるのが一方通行逆走、信号無視、
一旦停止無視などはよく見かける、このような状況が起きていて事故が起きない事も
不思議に感じるほどだ。

今は免許更新時に、違反とかなければ講習のみで更新できますが高齢者になってきたときには、実車での試験導入も更新手続きに入れてはどうなんでしょうか?
あくまでも個人的な意見ですので、実車での反応テストや運転状況を講習することにより
もし更新時に運転技術に講師が違和感がある人は認知症テストや反射神経などのテスト
などを受けてもらい、その試験に合格しな場合は、免許を一時預かりとして合格しない場合は
取り消しや自主返納をしてもらうのはどうなんでしょうか?

あと、販売店も高齢者免許ないの条件等をきっちり確認をしたうえでの販売をしなければならないなどの販売方法も運輸省からお察しでも入れればいいと思いますが。

スポンサーリンク



まとめ

限定免許の導入は個人的にはこれから高齢化社会になっていくには必ずついて回っていくもの
と思います、車がないと生活が出来ない地域もあるのでそこにはこの限定免許は生きてくるのでは?今後の警視庁の限定免許がいい形で出来上がってくることを期待します。

ライドシェアリングとは調べて考えてみた
ライドシェアリングとは調べて考えてみた
ライドシェアリングが今話題になっていますね、自動車を相乗りすることにより。 色んな意味で、安価な交通手段だと話題になっていてアプリなどで募集をしたりできる 有料サービスもあるようだ。私自身、調べて考えてみました。

スポンサードリンク



シェアする

フォローする

AD