新種の昆虫は「ハリーポッター」キャラから命名された

SNSフォローボタン

フォローする

昆虫の新種が見つかると命名が発見者が出来るようですが

今回、新種のハチの名前が「ハリーポッター」のマルフォイにちなんで

ルシウス・マルフォイと命名されたようだ。

他にも「ハリーポッター」シリーズから命名されているようですよ。

スポンサーリンク



新種のハチが「ハリーポッター」キャラでの命名

(CNN) ニュージーランドで発見された新種のハチが、「ハリー・ポッター」シリーズの物語に登場する悪役のルシウス・マルフォイにちなんで、「Lusius malfoyi」と命名された。

新種のルシウス・マルフォイはワスプと呼ばれるハチの仲間で、人を刺すことも、集団で生息することもない。ニュージーランドではこの種を含め、推定3000種の昆虫が発見された。

引用元 CNN.CO.JP

いいタイミングでハリーポッターやるようですね、

このハチはワプスと言われる種類で、見た目は悪者に見えるが

人には無害で益虫みたいです、イメージがマルフォイにあったようですね。

新種のクモも「ハリーポッター」シリーズで命名されていた。

前にも新種のクモがハリーポッターに出てくるクモ「アラゴク」にちなんで

命名されたようですね。

(CNN) イランで見つかった新種のクモに、人気ファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズに登場する巨大グモ「アラゴグ」にちなんだ名前が付けられたことが16日までにわかった。
アラゴグと同じように攻撃的で、巣を作らず夜間に歩き回ってコオロギなどの昆虫を捕食する。毒は持たず、小型なので人間に害を及ぼすことはないとう。

引用元 CNN.CO.JP

組み分け帽子に似たクモも同じように命名されていた

シリーズの舞台、ホグワーツ魔法魔術学校で新入生が入る寮を振り分ける「組分け帽子」。クモは三角形の体がこの帽子に似ている。
そこで「トガリオニグモ属」という分類を示す「Eriovixia」に、帽子のもともとの持ち主だったホグワーツ創設者の1人で、主人公ハリー・ポッターが振り分けられた寮の名前にもなっているグリフィンドールから名を借りて「gryffindori」と続けた学名が決まったという。

引用元 CNN.CO.JP

スポンサーリンク



まとめ

新種の名前を付けるときには

色々考えるんでしょうね

ハリーポッターシリーズで名前を付けるとわ

さすが、センスがありますね、昆虫は常に新種が発見されても

急に絶滅まで種が減る場合もあるようですね。

香川照之の昆虫すごいぜ3時間目はオニヤンマだ!!
香川照之の昆虫すごいぜ3時間目はオニヤンマだ!!
昆虫すごいぜ 3時間目がはじまるよ2017年10月9日(月)午前9時から9時半またもや香川さんの昆虫に対する思いが ひしひしと伝わる番組になると思います。
スポンサードリンク



シェアする

フォローする

AD