藤井四段28連勝、神谷八段の28連勝に王手

SNSフォローボタン

フォローする

藤井四段が27連勝という快挙を成し遂げています

このままいけば神谷広志八段(56)の持つ28連勝まで

あと1勝となってきています、藤井四段はこのまま

行ってくれるでしょう。彼の活躍は今後も棋士会には

記録と記憶に残っていくことでしょうね。

神谷広志八段とは?

今記録を持つ神谷広志八段も中学1年生から

まだアマチュア4級という遅咲きながら、

それから1年足らずでアマチュア四段の実力となる。

そして、中学2年の秋に奨励会に入り、

20歳の誕生日を迎える前にプロ棋士となった。

スポンサーリンク



28連勝はいつやったの?

1987年の2月から8月にかけて、当時未開拓だった

「飛車先不突き矢倉」を武器に公式戦28連勝の記録を樹立。

これは、30年破られていない歴代1位の記録である。

同じ「55年組」の塚田泰明が半年ほど前に作ったばかりの記録

(22連勝)を、あっさりと、そして大幅に塗り替えた。

30年間破られていない記録を、もうすぐ藤井四段が

塗り替えようとしている、これはすごいことですね

現在藤井四段は?

将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(14)が6月17日、朝日杯将棋オープン戦一次予選で藤岡隼太アマ(19)に勝利し、昨年12月のデビュー以来、無敗のまま続けている連勝記録を「27」に伸ばした。

次戦は6月21日の王将戦一次予選で、相手は6月2日の棋王戦予選で苦戦した澤田真吾六段(25)。この対局に勝てば、歴代最多タイとなる。さらに6月26には増田康宏四段(19)と、竜王戦の本戦(決勝トーナメント)1回戦が控えており、新記録達成となれば、この日が“Xデー”となる見込みだ

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp

まとめ

来週の6月21日の王将戦で歴代タイで6月26日に新記録になる

と思うとドキドキしてきますね^^

今年は10代の若い力がここまでやってくれると卓球や将棋

サッカーでも活躍が楽しみになってきますね。

月末は楽しめそうです。

2017年14歳の選手熱い!!まとめてみました。
2017年14歳の選手熱い!!まとめてみました。
今年は13歳・14歳・15歳の若い力が注目を浴びている 昨日の世界卓球の張本智弘くんが銀メダリストの 水谷隼選手を大金星というよりも圧勝で破った感じがあり 卓球界も熱くなってきたね!! 東京オリンピックでは確実に張本君は出場してくるでしょう。 男子もすごいが女子も注目度は高い!!

スポンサードリンク



シェアする

フォローする

AD