藤井聡太 (四段) 23連勝 歴代3位!!すごいぞこれは!!

世界卓球が終わり14歳が活躍後

ここにもまだ戦っている14歳がいる。

将棋の藤井聡太(四段)だ

彼も羽生名人の持つ新記録をことごとく

破って行って23連勝の快挙を見せてくれた。

羽生名人を超えて歴代3位だ!!

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が7日、自身の持つデビュー後の連勝記録を「23」に更新した。大阪市の関西将棋会館で指された上州YAMADAチャレンジ杯のトーナメント戦で3連勝し、歴代3位タイの22連勝の記録(92年)を持つ羽生善治3冠(46)を一気に抜いた。23連勝は歴代単独3位。歴代最長の連勝記録となる神谷広志八段が記録した28連勝(87年)を視界のとらえた。

引用元 https://www.nikkansports.com

すごいですね~^^

歴代3位とはこのまま連勝記録

28連勝をめざしてほしいですね^^

こんなにすごい藤井聡太君は小さいころ

どんな感じだったんですね?

小さい頃から将棋が好きだったんでしょうか?

藤井聡太(四段)はどんなものがすきだったの?

3歳くらいは折り紙で作る「ハートバック」を

家に100個ぐらい作って持って帰っていたらしいですね

その後、お母さんがキュボロを買ってあげたらしく

立体積み木で遊んでいたらしいです

このキュボロはかなり想像力と五感を育てる

玩具として小さいころに遊ばせると

かなりいいみたいです。

引用元 http://hakadolist.com/goods/2332

他にもプラレールを家中に線路をひいて

走らせていたらしいです。

プラレールも想像力を膨らませるにはいいですね。

その後公文式の「スタディ将棋」をおばあちゃんが

買ってきたことが始まりみたいですね。

その後なんと小学4年生で、将棋のプロ棋士養成機関で

ある奨励会に合格して5年生で「竜馬がいく」を読破

して、集中力があり過ぎてドブに何度か落ちたことが

あるそうな^^。

まとめ

小さいころからのキュボロや

プラレールなどやりたいことを

何でもやらしてあげようとしていた

おかあさんの教育方針は見習うところが

ありそうですね。

28連勝もいってほしいですね^^

頑張れ藤井聡太(4段)

2017年14歳の選手熱い!!まとめてみました。
2017年14歳の選手熱い!!まとめてみました。
今年は13歳・14歳・15歳の若い力が注目を浴びている 昨日の世界卓球の張本智弘くんが銀メダリストの 水谷隼選手を大金星というよりも圧勝で破った感じがあり 卓球界も熱くなってきたね!! 東京オリンピックでは確実に張本君は出場してくるでしょう。 男子もすごいが女子も注目度は高い!!