うたのおにいさん、横山だいすけさんの年収が契約社員並み。

NHKの子供番組の「おかあさんといっしょ」で

人気だった『うたのお兄さん』、だいすけお兄さんの

NHKでの契約基準が厳しいと話題になっています。

あんなに子供たちやお母さんたちに人気が出ても

月収が契約社員並みだったことも、”NHKの人たちは

もっともらってるじゃない”との声もあるようだ。

お兄さんの厳しいルールは?

  1. 恋愛禁止
  2. NHK以外の番組出演禁止
  3. 海外旅行禁止
  4. スキー禁止
  5. 自動車の運転も禁止

これは、何の規則?と思えるところがあるけど

イメージ重視はわかりますけど、あまりにも

厳しすぎやしませんか?

恋愛禁止は、まあまあお子さんやお母さんの

イメージ崩さないのはわかりますが、旅行もダメ?

それじゃあ、旅行に行くことによって、気分転換や

文献を広めたりできないと思うが・・

あと、細かい禁止事項では立ち食い・斜め横断

派手なネイル・新宿・歌舞伎町を歩く細かい禁止

事項があるようだ。

これは、かなりのストレスになるよね^^;

スポンサーリンク



スケジュールも過密!

番組収録も過密らしい

月曜から水曜日は番組収録、木曜日は

翌週のリハーサル、金曜日にはうたの収録

そして、土日にはコンサートと休みがない日が

ある週もあったと言う。

まあ時間的に、8時間勤務に休日出勤と

同じ感覚であれば、分からなくはないけど

芸能人だから、ギャラもすごいのでは?と

思ったら契約社員扱いで月収30万円と明かされた

ようだ・・・・これってどうなの?

芸能界では安い基準ではないのかな?

あれだけ子供たちやおかあさん方の、支えに

なっていたお兄さんの、笑顔の裏にはこんな

過酷な現実があったとは・・・・

NHKの幹部もこれからのおにいさん・おねいさんが

もっといい仕事をできるよう、ギャラは見直した方が

いいですよ!!

感想

佐藤弘道おにいさんや、はいだしょうこおねいさん

は卒業後、民放で活躍していたので、だいすけお兄さんも

これから民放で出てほしいが、今は民放でなぜ子供番組

が少なくなったんでしょうか?

民放でも子供番組をやれば面白いと思うし、ポンキッキや

懐かしのピンポンパン(かなり古い)など朝方のニュース

帯番組の中に30分でもいいので、懐かしのおにいさんを

集めて、子供たちと一緒に遊んだり歌を歌ったりすれば

スポンサーも付きやすいし視聴率もとれると思うが・・・

私は民放のテレビ離れを解消する起爆剤で子供番組を

民放復活してもらって同時にNHKと競争出来れば

いい番組やおにいさん・おねいさんのギャラもアップ

できると思うから、やってくれないかな~^^

香川照之の昆虫すごいぜが5月5日に第2弾!!
香川照之の昆虫すごいぜが5月5日に第2弾!!
香川照之の「昆虫すごいぜ!!」がまたやります第一弾好評につき第2弾が5月5日子供の日に午前9時からNHKで放送される。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

フォローする