ノロウイルス予防法は手洗いと不活化アルコール。

これから冬に向けて、風邪やノロウイルスなど感染する症状が増えてくる

季節ですね、特にインフルエンザに続いて気になる、11月から1月ごろまで

発生するノロウイルスについて、感染経路・予防方法などを調べてみました。

手洗いはもちろんですが消毒アルコールだけではダメなようですね。

通常の消毒アルコールはウイルスのたんぱく質を壊し不活化するようですが

ノロウイルスは消毒用アルコールでは効きが悪いようです。

スポンサーリンク



ノロウイルスとは?

ノロウイルスは毎年11月から1月に流行する、感染性胃腸炎の原因となるウイルスです。
主に人の手指や食品などを介して感染しおう吐、下痢、腹痛などの症状をおこします。

ノロウイルスには予防ワクチンはなく、特に抵抗力の弱い子供やお年寄りは吐いたものをのどに詰まらせたり、肺に入って肺炎を起こして死亡するケースもあるようです。

また、酸に強いため、胃酸で死ぬことはなく、腸に達して増殖する。ノロウイルスは感染力が非常に強く、感染者の吐しゃ物やふん便中に含まれる数百万~数億個のうちわずか10~100個で感染すると言われています。

非常に強力なウイルスと知られてて、少量でも感染する、注意すべき感染症ですね
また、過去に一度感染しても免疫がつかなくて、何度でも感染する場合があるようです。

ノロウイルスの感染経路は?

ノロウイルスとは手や指の食品を介して経口で感染し、昔はカキなどの二枚貝が原因とされることが多かったが、最近は感染者が調理することで食品が汚染され、それを食べた人が感染するケースが多いようだ。

普通に触るスイッチやドアノブでも感染者が触った後に触ってしまうと手についてそのまま口を触ると経口感染してしまいます。

よく大便から出て手を洗わない人がいるとそこから感染する場合もあるようです、トイレから出たらよく洗剤で手を洗いましょう。

症状は軽い風邪症状にも似ている為「昔はお腹の風邪」とも呼ばれていたが多くはノロウイルスによる感染性胃腸炎の可能性が多いようですね。

ノロウイルスの症状が回復してもウイルスは排出する

嘔吐や下痢の症状は2~3日で回復するが、症状が出なくなっても2~3週間にわたって糞便中にウイルスが排出される。

また。まったく症状が出なくても感染している場合があり「症状が出ず、感染に気がつかない人」も多く自覚症状がなくても感染後、1週間ぐらいはウイルスを排出するようだ。

アルコール消毒とは?

ウイルスにはいろんな種類があり、形状も違います。アルコール消毒の効果があるのはウイルスに「エンベローブ」という膜があるかどうかで見分けます。エンベロープはウイルスの外側の膜で、脂質で出来ています、アルコールは脂質を分解するので、エンベロープに有効ということになります。エンベロープを持つウイルスは約80%だと言われています。

インフルエンザウイルスは「エンベロープ」があるウイルスですので効果があるようですが。

しかし、ノロウイルスはエンベロープがないといわれアルコール消毒には強いウイルスですので一度で死滅はしにくいと考えられています。

ジェームズマーティン フレッシュサニタイザ- 500ml 除菌 アルコール スプレー インフルエンザ ノロウイルス 消毒 1709marason

価格:1,350円
(2017/10/8 08:50時点)
感想(0件)

ノロウイルスの予防方法は?

もちろん自宅では、手洗い、うがい、洗顔をしてウイルスを体内に入れない事が大切ですが

調理をするときにも注意が必要ですね。

厚生労働省のガイドラインにもこの様なQ&Aが乗っていました。

Q16 手洗いはどのようにすればいいのですか?
A16
手洗いは、 手指に付着しているノロウイルスを減らす最も有効な方法です。 調理を行う前(特に飲食業を行っている場合は食事を提供する前も)、食事の前、トイレに行った後、下痢等の患者の汚物処理やオムツ交換等を行った後(手袋をして直接触れないようにしていても)には必ず行いましょう。常に爪を短く切って、指輪等をはずし、石けんを十分泡立て、ブラシなどを使用して手指を洗浄します。すすぎは温水による流水で十分に行い、清潔なタオル又はペーパータオルで拭きます。石けん自体にはノロウイルスを直接失活化する効果はありませんが、手の脂肪等の汚れを落とすことにより、ウイルスを手指から剥がれやすくする効果があります。
なお、消毒用エタノールによる手指消毒は、石けんと流水を用いた手洗いの代用にはなりませんが、すぐに石けんによる手洗いが出来ないような場合、あくまで一般的な感染症対策の観点から手洗いの補助として用いてください。

Q17 ノロウイルスに汚染された可能性のある調理台や調理器具はどのように殺菌したらいいのですか?

A17
一般的な感染症対策として、消毒用エタノールや逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム)が用いられることがありますが、ノロウイルスを完全に失活化する方法としては、次亜塩素酸ナトリウム※や加熱による処理があります。
調理器具等は洗剤などを使用し十分に洗浄した後、次亜塩素酸ナトリウム※(塩素濃度200ppm)で浸すように拭くことでウイルスを失活化できます。
また、まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオル等は熱湯(85℃以上)で1分以上の加熱が有効です。
なお、二枚貝などを取り扱うときは、専用の調理器具(まな板、包丁等)を使用するか、調理器具を使用の都度洗浄、熱湯消毒する等の対策により、他の食材への二次汚染を防止するよう、特に注意するよう気をつけましょう。
※家庭用の次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤でも代用できます。(使用に当たっては「使用上の注意」を確認しましょう。)

引用元 http://www.mhlw.go.jp

手洗いの他に次亜塩素ナトリウムや塩素系消毒は直接人体に使用はダメですので、

消毒用アルコールを使われることが多いと思いますが、アルコールも種類によっては

効果が薄いものもあるので購入時には”不活化効果のあるアルコール”を選ぶことを

お勧めします。

最近では、手洗いをアルコールだけで済ましてしまう事があると

ノロウイルスに効果の薄いアルコールはそこから消毒できずに発生してしまうと

意味がないため、まず正しい手洗いをしてから、不活化効果のアルコール消毒で

2重に対応していきましょう。

スポンサーリンク



まとめ

やはり家に帰ったら、手洗い・うがい・洗顔を基本として特にお子さんやお年寄りは

十分に注意してあげましょう。

特にドアノブやスイッチなどよく触るところも冬場は注意して消毒していきましょう。

調理道具も、塩素消毒や熱湯消毒など取り入れて見たり、まな板も肉用・野菜用と分けると

O-157対策にもなりいいと思います。

特におう吐物や、ふん便での感染は注意してトイレから出たら石鹸で手を洗う習慣をつけるの

もいい手ではないでしょうか?

ひどい時は病院の指示も受けましょうね。

インフルエンザワクチンが不足?予約はどうなる?
インフルエンザワクチンが不足?予約はどうなる?
今年も夏も終わり 肌寒くなってきましたね季節の変わり目は体調を崩しやすいんではないでしょうか? これから冬に向かって風邪のシーズンでもありますがそこにインフルエンザワクチンが2017年は不足すると いうニュースが飛び込んできました。10月から予防接種が開始される地域もあると聞きます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

フォローする