にてるけど糖質と糖類って何が違うの?

糖質ゼロ・糖類ゼロなど最近では糖を気にした商品が出ていますが

糖質と糖類って同じじゃないの?

何が違うの?と疑問に思いませんか?

同じなのか何が違うのか調べてみました。

スポンサーリンク



糖質と糖類の違いは?

栄養表示基準によると、「糖質」、「糖類」は以下のようになります。

「糖質」とは、『炭水化物から食物繊維を除いたもの』の総称です。

「糖類」とは、『単糖類・二糖類』の総称です。『「糖質」から「多糖類・糖アルコールなど」を除いたもの』の総称とも言えます。

栄養表示基準では、総重量の中で、水分、アルコールの他、たんぱく質や脂質、ミネラル、食物繊維のいずれにも分類されないものは「糖質」となります。栄養表示基準上の炭水化物、糖質、糖類の関係を分かりやすく図解すると下記のようになります。

糖質と糖類は一言で言えばどちらも炭水化物の一部なんですね。

炭水化物の中に糖質があってその中に糖類がありますね。

糖質ゼロとは?糖類ゼロとは?

ではよくゼロ表示がされていますが糖質ゼロと糖類ゼロはどのようなことなんでしょうか?

健康増進法に基づく「栄養表示基準」では

糖質・糖類ともに「100mlあたり0.5g未満であればゼロ表示が可能とされています。

基準値内であれば「糖質ゼロ」「糖類ゼロの表示可能です。

ですのでゼロと書いてあっても「ゼロではない」とゆうことですね。

〇 糖類の使用を避けて、他の甘味料を使えば糖類ゼロ表示

〇 糖アルコールや甘味料を使わずに、ゼロ表示内の基準内で糖質を使うことにより

糖質ゼロとゆうことになりますね。

では、ダイエットとか気にしている人はどちらを取った方がいいの?

スポンサーリンク



糖質ゼロの方が糖類ゼロより太らない?

糖類ゼロでは単糖体・二糖体(砂糖)以外の甘味料が入っていたりするので

体内に入るとインスリンが分泌され体内に蓄積され太る可能性がありますね。

糖質ゼロの場合は甘味料をすべて制限されるので糖類ゼロよりは太る可能性が少なく

なりますね。

しかしながら、ゼロだから取り過ぎてもいいだろうとはなりませんよね。

もちろん取り過ぎは注意ですよ。

まとめ

糖質・糖類のちがいはわかって頂けましたでしょうか?

名前が似ているので、勘違いしやすいところはありますが、糖質の方が全体に制限が

かかっているので、体を気にするなら糖質ゼロにしていきましょう。

R-1ヨーグルトはいつ飲むと風邪に効果があるの?
R-1ヨーグルトはいつ飲むと風邪に効果があるの?
ヨーグルトには腸内細菌を整えて便秘やお肌にいい と言われている代表としてmeijiさんのR-1が結構 風邪予防やインフルエンザの予防にもいいのではと 話題になっていますね。 今回はmeijiさんのR-1を調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

フォローする