R-1ヨーグルトはいつ飲むと風邪に効果があるの?

ヨーグルトには腸内細菌を整えて便秘やお肌にいい

と言われている代表としてmeijiさんのR-1が結構

風邪予防やインフルエンザの予防にもいいのではと

話題になっていますね。

今回はmeijiさんのR-1を調べてみました。

スポンサーリンク



R-1ヨーグルトとは?

R-1よーぐるとは ラクトバチルス・ブルガリクス
OLL1073R-1乳酸菌を利用したヨーグルトの総称で
R-1乳酸菌と呼ばれています。

明治の乳酸菌研究の中から選びぬかれた
ブルガリア菌の一種とされています。

そして、ブルガリア菌とは乳酸菌の一種で、
ヨーグルト形成の上で絶対に欠かせない存在で
特徴として免疫機能を活性させることに優れた乳酸菌
とされています。

R-1を取るとどの様な効果が?

meijiさんは「強さを引き出す乳酸菌」としか言っていません。

もちろん薬ではありませんが、ヨーグルトは腸内細菌や
腸内環境が整うことにより、体内の免疫機能が正常化する
事により免疫力が活性化するため、風邪やインフルエンザの
予防に効果があるのではないかと言われています。

乳酸菌1073R-1株が食べ続けることにより
体内のNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化が活性化
る力が強いことが分かっています。

こんな効果があるのではと言われています。

〇 インフルエンザの予防効果
〇 ガンの予防効果
〇 腸内環境の改善効果
〇 リウマチ予防効果
〇 肌トラブルの改善効果
〇 花粉症改善効果
〇 風邪の予防効果

スポンサーリンク



NK(ナチュラルキラー)細胞ってなに?

NKとは生まれつき(natural・ナチュラル)の
細胞障害性細胞(killer cell・キラー)です。

簡単に言うと生まれつき体の中にある
悪いものが体内に入ってきたらやっつけてくれる
大型の細胞(リンパ球)で、よく聞く白血球中の
リンパ球のT細胞・B細胞・NK細胞があり
そのうちNK細胞は白血球の中で15%~20%含まれて
います。

毎日健康な人でもガン細胞が出来ています
そのガン細胞を食べてくれるのがNK細胞です
マクロファージと好中球と一緒に体内に悪い影響を
与えるやつを倒してくれる頼もしいやつです。

R-1は毎日飲むのがいいの?

体内に入った乳酸菌は長期に生き続けないので
毎日取った方が良いとされています。
(約3日くらいか一週間くらいと言われています)

体内の乳酸菌を維持するには毎日取るほうが効果が
高くなりますね。

R-1はいつ頃飲むのがいいの?

ヨーグルトを取るには腸の働きが一番いい時が
いいと思います、腸は朝起きた時よりも
実は寝る前の午後22時から午前2時がよく
乳酸菌を壊さないように食後に食べたり飲んだり
しましょう。

食前に飲むと胃酸で乳酸菌が壊されて数が減って
しまう様です。

R-1はちょっとお高めです。

しかしながらちょっと高めなのが・・・
特売の時に買い貯めするとか
ネットで安く買うとか家族が多いと
色々調べてお得に買いましょう。

【クール便】 明治 ヨーグルト R-1 ドリンクタイプ☆アセロラ&ブルーベリー☆ ∴112ml×36本∴

価格:4,860円
(2017/9/28 19:10時点)
感想(3件)

まとめ

今年は急に寒くなってきていますので

今のうちに予防できることはやっときましょう

手洗い・うがい・洗顔と体内から乳酸菌で

風邪をひかない体を家族で作っていければ

良いですね。

子供手洗い習慣を 楽しく出来る 飽きない方法!!
子供手洗い習慣を 楽しく出来る 飽きない方法!!
子供たちが家に帰ってきたときにしてほしいことはまず手洗いうがいですね 特に今はO-157の感染やこれから風邪の時期になる為、まず一番先にやってほしいことですがなかなか忘れてしまったり、めんどくさがったりしてやってくれない事が多いのでは?やりなさいと!!叱るよりは楽しくやってみたらどうでしょう? 今回は楽しく出来る方法をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

フォローする