「脂肪を溶かす貼り薬」夢の張り薬開発成功~新薬にはいつ?

これは、夢のような薬の研究が発表されました

米国の研究者が脂肪を分解する張り薬の開発に

マウスで成功したと発表されました。

研究の発表と新薬にはいつ頃を調べてみました。

スポンサーリンク



米国化学会(American Chemical Society)発行の学術誌「ACS Nano」に15日発表された論文によると、このスキンパッチはナノテクノロジーを利用して体内の代謝を上げ、エネルギーを蓄積する白色脂肪を、エネルギーを燃焼する褐色脂肪へと変化させることができる。マウスを使った4週間の実験では、スキンパッチが貼られた部分の脂肪が20%減少した。

論文の共同執筆者で、米コロンビア大学メディカルセンター(Columbia University Medical Center)病理・細胞生物学部のリー・チャン(Li Qiang)准教授は、「腹部のぜい肉を減らす脂肪吸引の代替手段として非侵襲性の治療が可能になるかもしれないと分かれば、間違いなく多くの人が興奮を覚えるだろう」と語った。

引用元 https://yahoo.co.jp

夢のような張り薬ですね

これは痩せれないと思っている方には

朗報ですね、張り薬は「張り薬」が貼られた

部分の脂肪が20%も減少したとマウス実験で

の結果を発表している。

使われている張り薬は?

指先ほどの大きさで、体内の代謝を上げ

脂肪を減少させるようです。

今後の研究では肥満や糖尿病の治療に

応用できる可能性があるようだ。

スポンサーリンク



新薬になるまでの期間は?

新しい研究結果が出来てから

新薬になるまでに早くても約10年ぐらい

かかると言われています。

研究後 非臨床試験で約3年から5年

臨床試験で(治療)約3年から7年

承認審査を約1年から2年かけて

薬品として販売されるようです。

早くて10年くらいですかね。

まとめ

この張り薬の開発はすごいですね

自分もこんな薬を待っていましたって

感じですが、まだマウスの実験での

結果なのでその後副作用や実験結果を

積み重ねて人に応用していくことに

なるんでしょうね。

新薬として時間がかかるなら

そのまま運動してダイエットを

するか楽して痩せれる時代まで

待つか考えるところですね。

もし発売されたら

もちろん自分は試します( ´艸`)

自分で腰痛つぼマッサージ
自分で腰痛つぼマッサージ
最近腰が痛いと周りでよく聞きます腰は大事と聞きますが痛みを軽くする方法はあるのかな? ツボとかをマッサージ出来ればいいのにと調べてみました。