黒酢の効能効果 分かりやすくまとめてみました。

夏に向かって、お酢の効果を前に紹介しましたが

お酢の中でも、お手軽に飲めるのがリンゴ酢や

梅酢、などですが、やはりお酢の中でも一番

成分が濃いものは黒酢ではないでしょうか?

今回は黒酢のついて調べてみました。

黒酢と普通のお酢の違いは?

黒酢と普通のお酢との違いはやはり

アミノ酸の含有率の違いではないでしょうか?

穀物酢ではアミノ酸の含有率は0.5%前後ですが

黒酢の中には2%近く含まれているものもありますね。

黒酢の製法で普通の穀物酢に比べると玄米を多く使い

熟成期間も長く半年から3年間ぐらい熟成されるので

アミノ酸や有機酸・ビタミン・ミネラル類が多く

含まれています。

黒酢の効能は?

〇 疲労回復

〇 血流改善効果

〇 美肌効果

〇 栄養の吸収を促進する効果

〇 尿酸値を下げる効果

〇 肝機能を高める効果

〇 免疫力を高める効果

〇 高血圧を予防する効果

〇 ダイエット効果

黒酢はいつ飲めばいいの?

基本いつ飲んでもいいですが効率的な飲み方は

あるのでしょうか?

〇 ダイエットに効果のある飲み方は?

黒酢には豊富なアミノ酸やクエン酸が多いので

脂肪燃焼効果のほか、基礎代謝の維持・向にも

よいのですが空腹時は避け他方がいいかも

胃に負担をかけてしまう場合があるので、

食後がお勧めですね。

身体が温まっているお風呂上りにもよいですよ。

〇 疲労回復には?

疲れた時がいいでしょう、黒酢はグリコーゲンの

原料の糖と一緒に取ると効果が高いです。

特に決められた飲み方はないようですが

空腹時は出来るだけ避けた方が胃が弱い方は食後などが

いいかもしれませんね。

黒酢の成分は?

黒酢に含まれる必須アミノ酸8種類とその働きをご紹介します。

【トリプトファン】
セロトニンを生成し、精神の安定に貢献します。
安眠効果があることが知られています。

【リジン】
肝機能を高め免疫力を向上させます。
またカルシウムの吸収を促します。

【メチオニン】
アレルギーを抑え、肝機能をサポートします。
抗うつ効果があります。

【フェニルアラニン】
神経物質として働き、食欲抑制、
精神安定を助けます。

【バリン】
筋肉の新陳代謝をします。
タンパク質の合成の役割があります。

【ロイシン】
バリンと同じ働きと肝機能向上、
筋肉強化をします。

【イソロイシン】
成長促進、血管や神経の働きのサポート、
疲労回復に役立ちます。

【ヒスチジン】
神経機能のサポート、関節炎の予防、
食欲抑制ストレス軽減をします。

【ビタミン類】

ビタミンB2

ビタミンB6

ビタミンB12

ナイアシン

パンテトンサン葉酸

【ミネラル】

カルシュウム

マグネシュウム

鉄分

リン

が含まれていますがビタミンCは残念ながら

含まれていません、しかし一緒に取ると効果は

高いのでお肌とかコラーゲンの生成とか役に

立ちますので黒酢と一緒に取りましょう。

黒酢の原産地は?

日本では鹿児島の坂元醸造株式会社の坂元昭夫

(坂元醸造株式会社会長)が壺つくりの

米酢を「くろず(黒酢)」と命名して全国販売

したことが最初である。

まとめ

お酢を取るにはやはり自分に合った

取り方が大事だと思います、リンゴ酢や料理に使う

お酢などもこれから暑い夏に向かって取ることにより

疲労回復し、血液循環もよくなるので夏バテなどの

予防にも効果がありそうですね、始めるなら今からが

いい感じだと思います、ぜひお酢を取り入れて

元気な体つくりをしていきましょう!!

リンゴ酢のいい効果!!
リンゴ酢のいい効果!!
リンゴ酢がいいと最近テレビでも話題ですね、睡眠障害が解消とかダイエットにもいいとか、いろいろ言われていますね。 お酢にはいろんな効果があるので調べてみした