目だけじゃないブルーベリーの効能効果!!

パソコンの前にいると目がショボショボ

スマホを使うと目がショボショボになったり

してきていませんか?

特に今の時代は目を酷使するものが多いですよね

そこで、目にいいブルーベリーのアントシアンが

いいと言われています。

そこでブルーベリーにまとめてみました。

ブルーベリーとは?

ブルーベリーは、ツツジ科の植物で、原産地は北米から

カナダにかけての一帯で、寄り集まっている濃青色の

小粒の果実は、古くから生食やジャムやゼリーなどに

使われていたがヨーロッパでは、葉や実のエキスが

壊血病、泌尿器科、糖尿病の民間薬として使われてきた

歴史もある。

ブルーベリーの有名な逸話は、英国のパイロットが

戦時中にジャムを大量に取り続けたら、暗闇の戦闘でも

良く見えたと、言われ研究が始まったようだ。

スポンサーリンク



ブルーベリーの作用は?

よく物が見える仕組みは

レンズに入った光を眼球内の網膜を刺激して

脳内の視覚視野に信号が送られるのだが

この信号は光の刺激で網膜のロドプシン(色素体)

が分解・再合成を繰り返し連続作用で生まれる。

このロドプシンに活性を与えるのがブルーベリーの

エキス(アントシアニン)その働きがあることを

見つけた。

その後イタリアで眼科の血管障害用の医科向けの

医薬品として認証されてその後各国に伝わった。

ブルーベリーは効能は?

ブルーベリーの効能は

目にいいとされているのはもちろんの事

ビタミンCと共同して体内で活性酸素を消去し

血管に過酸化脂質が蓄積することを防いで

末梢血管の弾力を保ち、網膜を活性化して視力を

回復して、白内障や眼精疲労を抑え。老化防止

抗潰瘍活性や抗炎症作用の増強にもつながることは

研究されているようだ。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンには体内で放出される

ヒスタミンを抑える働きもあり花粉症の症状の緩和にも

期待されている。

アンチエイジングにも効果が期待されていてアントシアンの

抗酸化作用が血液の血流改善にも期待されている。

まとめ

あの小さな粒に目から血管、血液などに

効果があると思うと毎日食べていきたいと

思いますが、ジャムや・生などで取ることも

厳しいので今はサプリメントで取ることを

お勧めします、特にアントシアンの効果が約24時間

と言われていて毎日取って目の保養をしましょう。

関連記事はこちらからどうぞ

↓      ↓

DHAを簡単にわかりやすくしてみた^^
DHAを簡単にわかりやすくしてみた^^
食事が最近欧米化されてきて魚を食べない子供が、多くなってきてるようです理由としては骨があるから、取りにくいので 食べないからとか言われていますが特に日本で昔から多くとられてきた青魚その中に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸) EPA(エイコタペンタエン酸)は皮膚や頭に良いと言われています、少しわかりやすくかみ砕いてみましょう^^
納豆の効果はすごい!!けど副作用が心配ある?
納豆の効果はすごい!!けど副作用が心配ある?
今では朝食に欠かせない納豆が韓国でも海外でも健康食品と話題になっています。 ニオイがだめとか粘り気がダメとか、痛風の人にはプリン体が多いからダメとか 食べすぎると嘔吐するとか副作用が言われていますが、これほどいい食品はありません