ニンニク 効能効果 分かりやすくしてみた!!

疲れたときに、元気をつけるときに

やはり、食べたくなるニンニク

ニオイが一番気になるところですが

なぜ、疲れたときにニンニクなんでしょう^^

ちょいっと、気になりましたので調べてみました。

いつから食べられていたの?

ニンニクは、古代エジプト時代から、香辛料や強壮剤として

使われていて、約2000年前にインドから中国にわたって

日本に伝わったそうです。

AD



効能効果は?

昔からその効能効果が知られていて

漢方では、発汗・解熱・呼吸器病・喘息・百日咳

健胃・腹痛・下痢などに効くとされているようです。

ニンニク成分で有名なアリシン・アリインは1940年に

発見されたのち効能が証明されたようですね。

他にもスコルジニンは強壮効果を発揮する素となり

その作用は強力な酸化還元作用によって、体の中に入った

成分を完全燃焼させてエネルギーにする働きがある。

その為、体内組織を若返らせて、新陳代謝を盛んにして

強壮・疲労回復・食欲増進・解毒等に効力を発揮する

AD



ニオイの素は?

元々、ニンニク成分であるアリイン自体は無臭なのだが

ニンニクの中の酵素によってアリシンに変化して強いニンニク臭になる

しかし、アリシンの作用は強い抗菌力があり、チフス菌やコレラ菌を

はじめ寄生虫の原虫・抵抗力の強い結核菌までに作用すると研究で

証明されているようだ。

やはり、ラーメンや餃子にニンニクを入れたり時に食べるときには

ニオイが気になるので、控えてしまうのはよくあることですね^^;

ニンニクのニオイの消し方

効能効果は高いけどやはり気になるニオイ

ニオイの消し方は、いろいろ言われていますが

牛乳を飲む

緑茶を飲む

食後にリンゴを一切れ食べる

ガムをかむ

ミントでごまかす

歯を磨く

などなど、私は緑茶でうがいしてミントでごまかしますが・・・

なるべく、いつもはたくさん食べずに休み前にガッツリ食べましょう^^

他の効能効果は?

強壮・疲労回復の他に

強精・不眠症・冷え性・寄生虫・痔・便秘

神経痛・筋肉痛を和らげる、などなど研究段階では

高血圧、動脈硬化・ガン予防にも期待があるらしい

まとめ

これからじめじめしてくる梅雨の時期になり

体力も奪われたり、暑い夏のような時期もそろそろ

来るのでニンニク食べて元気になりましょう。

関連記事はこちら

 ↓   ↓

梅の効能効果!夏に向けて食べるべき!!
梅の効能効果!夏に向けて食べるべき!!
そろそろ梅の季節になりましたね、スーパーには梅酒などを付ける材料も並んできました、 梅は昔から日本では健康食品としてよく食べられてきた食品です、代表的な梅干しは平安時代の『医心方』にも梅干しの効用が示されていたり、梅肉エキスは赤痢や腸チフスや食中毒など

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

フォローする